カルチャー

新幹線内の公衆電話、6月で終了 携帯電話普及などの影響で

イメージ
イメージ

 街角の公衆電話もすでに“災害用”な感じになってきているが、ついに新幹線の列車公衆電話サービスもこの6月30日をもって終了する。

 JR北海道、東日本、東海、西日本、九州では、新幹線車内で列車公衆電話サービスを提供しているが、携帯電話の普及で利用が減少していることに加え、トンネル内などを含め、すべての新幹線で携帯電話の利用が可能になったことから、車内の公衆電話サービスを終えることを決めた。これからは手持ちの携帯電話を使うか、駅などに設置してある公衆電話で連絡を済ませてからの乗車になる。

 6月7日以降、列車によりすでに公衆電話が使えなくなっている場合もあるので注意を。