カルチャー

宇宙旅行の最前線を知るなら 「るるぶ宇宙」がついに発売!

main

 るるぶ沖縄、とか、るるぶパリ、ではなく、るるぶ“宇宙”だ。ついに旅の楽しみが地球の外に広がりそうだ。「るるぶ宇宙」(JTBパブリッシング・東京、税込み1,100円)が3月30日発売になる。

 40年近くにわたり、国内外のさまざまな地域を取り上げてきた「るるぶ」が、いよいよ掲載エリアを「宇宙」へと拡大。これまで当たり前だった旅行が気軽にできない現在の状況で、編集部が「家でも楽しめる旅行先」を新たに考えた結果、出てきたエリアが「宇宙」だったのだそうだ。

 小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセル帰還、野口聡一宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)への飛行のほか、実業家による月周回旅行の参加者募集も始まり、もはや夢ではないと言われ続けてきた宇宙旅行が現実味を帯びてきた。

ニュースでも話題の国際宇宙ステーション(ISS)を大特集!

 そこで、ニュースで宇宙に興味を持った人でも親しみやすいように、ビジュアル重視の誌面で、宇宙開発や宇宙旅行の最新事情を分かりやすく紹介。太陽系の惑星の見どころ案内や、実際に購入できる宇宙食の紹介、JAXAの宇宙センターをはじめ宇宙関連スポットのガイドなど、家で妄想しながら楽しむもよし、実際に使ってもよしの充実した一冊だ。

 来るべき宇宙旅行時代に備えて、今のうちに読んでおこう。