カルチャー

日英両語の国内外向けPR業務で連携 共同通信デジタルとジャパンタイムズ

日英両語の国内外向けPR業務で連携 共同通信デジタルとジャパンタイムズ 画像1
共同通信デジタルとジャパンタイムズが連携

 

 共同通信社グループの共同通信デジタル(東京都港区)と、ジャパンタイムズ(東京都千代田区)はこのほど、国内の企業や自治体、大使館などの情報を日本語と英語で国内外に発信するPR業務で連携する、と発表した。

 ジャパンタイムズのウェブサイトや、共同通信社と地方新聞社で作るニュースサイト「47NEWS」、地方新聞社のサイトなどに、企業や自治体、大使館が発信したいPR情報を掲載する。共同通信デジタルは国内向け、ジャパンタイムズは海外向けの情報発信を主に担い、広く国内外に向けた情報発信を必要とするグローバル企業や大使館のPR需要に応じるという。発信する情報コンテンツの企画から制作、発信までを両社が一貫して行う。

 英字紙を発行するジャパンタイムズのウェブサイトは国内最大級の英文ニュースサイトの一つで、47NEWSは共同通信配信のニュースと全国52の地方新聞社のニュースを掲載する総合サイトだ。