カルチャー

自由が丘にKBS工房オープン 米で人気のゴルフシャフトを店舗でお試し

自由が丘KBS工房
自由が丘KBS工房

 ゴルフクラブシャフトのブランド「KBS」の試打もできる工房がこのほど、東京都目黒区の自由が丘駅近くにオープンした。店舗の名前は「KBS GOLF EXPERIENCE(経験)」 (FST JAPAN・東京) 。いろいろなシャフトを試すと同時に、くつろぎのスペースもあり、ゆったりと時間を過ごしてもらうのが店のコンセプト。米カリフォルニア州カールスバッドの1号店に続いて、自由が丘が2号店になる。

有名設計家と組む

全てのシャフトが試せる
全てのシャフトが試せる

 オーナーのデービッド・チャン氏が創立したFST社が、シャフトの分野では有名なロイヤルプレシジョン社で設計したキム・ブレイリー氏と組み誕生したのがKBS。米ツアーに登場した2008年から数多くのプロが使用した。当初のスチールに加え、現在はカーボンもそろえ米国でのシェアは「約4割」(FSTジャパン社調べ)という。日本では名前が知られ始めたところで、使用契約を交わしたプロはいないが、テレビ中継などを見ていると、FSTジャパン社の関係者には、どの選手がKBSを使っているかが一目で分かるという。注目され始めると同時に、一般ユーザーからの購入の問い合わせも増えてきた。そこでティーチングプロの資格を持つ吉岡賢一郎氏をチーフフィッターに迎え2号店を開設した。大手のクラブメーカーとも供給交渉に入っているという。

来店者にシャフトの説明をうる吉岡プロ(右)
来店者にシャフトの説明をうる吉岡プロ(右)

1本7,150円から交換

 ほとんどのゴルファーは、購入したクラブをそのまま使用しているが、自分のスイングや体力により合ったシャフトに替えることで、スコアアップやけがの防止にもつながる。KBSも初心者から上級者まで対応できるようにラインアップがそろっていて、最も手軽なスチールシャフトの交換は作業費込みで1本当たり7,150円という。問い合わせは03(6421)4762。

お洒落なバーカウンターでくつろぐげる
お洒落なバーカウンターでくつろぐげる