カルチャー

世界で愛されるしょうゆの魅力にとことん迫る! プロが伝授するオンライン講座

main

 日本の調味料の王道で、世界中の人にも愛され使われている「しょうゆ」。国境を越えて人々を魅了するしょうゆの魅力にとことん迫るオンライン講座「調味料の王道 醤油(しょうゆ)の魅力に迫る!」(Japan Wonder Guide、JWG主催)が、4月20日(15:00~16:30)に開催される。

 日本独特の風土によって育まれたしょうゆ。地域によりさまざまな嗜好や醸造の歴史があり、色・味・香りが三位一体となった味わいは、日本に多様な食文化を誕生させてきた。日本人の食生活に欠かせないしょうゆは、世界の調味料として脚光を浴び、フランスでは、小さな町のスーパーでもしょうゆを見かけるほど身近な調味料の一つになりつつあるという。

 講師は、しょうゆのエキスパート、キッコーマン国際食文化研究センター長の山下弘太郎氏。江戸時代初期にしょうゆ作りを始め、業界のトップランナーとして、しょうゆのグローバル展開をしているキッコーマン(千葉県野田市)。キッコーマン本社内の同センターでは、しょうゆを基本とした食文化の研究が行われており、今回はそのセンター長の山下氏がしょうゆにまつわるあれこれ、しょうゆの魅力の秘密を解説する。

 参加費は税込み2,500円。JWG一般会員は同1,875円。講座の申し込みはJWGのページから。JWG 一般会員への申込みも受け付けている。

 JWGは、日本に来た外国人ゲストを案内する通訳ガイド団体(運営:ノットワールド・東京)。通訳ガイドや、通訳ガイドに興味を持つ人対象にオンラインや実地でのガイド研修を行っている。