カルチャー

小さな科学者のための図鑑 身近な「なぜ?」から学ぶ絵本

main

 植物や動物、人の体、光や音、宇宙など、身のまわりの科学を子どもたちが楽しく学べる絵本が登場した。「7歳までに知っておきたい科学えほん」(ケイティ・デインズ著、学研プラス・東京)だ。日々の生活の中で、「なぜ?」「どうして?」と子どもたちの中にあふれる疑問に、分かりやすく答えてくれる一冊。4月15日発売(税込み1,540円)。

もくじ

 かわいい「科学虫」たちが案内人になって、生物、化学、物理、地学についての知識を、カラフルな親しみやすいイラストとともに紹介している。実験をしながら科学の面白さを体感できるコラムも盛りだくさん。月と地球の実験や、植物を育てる実験など、“科学のふしぎ”を自分で確かめることができる。さらに、海洋プラスチックごみや、持続可能な地球環境を目指すために私たちができることなど、昨今注目されている環境、多様性、SDGsにまつわるテーマも紹介されている。