カルチャー

がん患者と家族の食事に役立つ情報 WEBで無料公開

3LdS6fT4hn7QsS9RA20D

 がん患者と家族の家庭での食事に役立つWEBサービス 「kama+aid(カマエイド)」。運営するリサ・サーナ (横浜市)は、有料会員のみの特典だった「症状やお悩みに合わせたレシピ表示」や「栄養価22項目表示」などのサービスを、全ての会員に無料で提供している。

 “カマエイド”の由来は、カマ(お釜=食事)+エイド(助力する、サポートする)。食事を通じて病に向き合う人をサポートするという思いが込められている。がん患者には「吐き気がある」「口内炎が辛い」「味覚に違和感がある」「少量の食事で体力をつけたい」など、解決したいさまざまな食の悩みがある。カマエイドでは、食材の選定・味付け・調理方法・食べるときの工夫など、がん患者の悩みに合わせた食生活のポイントやレシピを管理栄養士が具体的に提案する。

tiYfbrpzFXcJdTHviIiU

 従来、「食事の悩みに合わせたレシピ表示」「検索条件別の並べ替え」「栄養価22項目の表示」「プロのひと工夫(専門家コラム)」の機能をプレミアム(有料)会員限定サービスとしてきたが、今月からプレミアム会員制度を廃止。カマエイドがこれまで蓄積してきた、がん患者と家族の食事をサポートするレシピと食の工夫を、必要とする人に、より使いやすい形で届けていく。