SDGs

完全生分解性の草ストロー 小さな循環サイクル

HAYAMI草ストロー

 身の回りのものがどこから来てどこに行くのか、いわゆる「トレーサビリティ」に注意を向ける人が増えた。この草ストローは、名前の通り植物から出来ていて、使った後も草木と同じように分解されて終わる。完全生分解性の「HAYAMI草ストロー」(フレンバシー・東京)だ。

 ベトナム・ホーチミン郊外の農村地帯で栽培される植物を活用、無農薬、無添加、保存料不使用、100%自然由来のストロー。完全生分解性のため、使用後は道端の草木と同じように分解される。動物の飼料や農家の肥料としても活用でき、使用後まで含めて小さな循環サイクルを構築できるだけでなく、環境保護や農村地帯の雇用創出にもつながっている。色合いも良く、何よりこの理念が、コールドドリンクを少しだけおしゃれにしてくれそうだ。