カルチャー

タクシーの窓ガラスに広告 AGCの特殊ガラス「グラシーン」を活用

タクシーの窓ガラスに広告 AGCの特殊ガラス「グラシーン」を活用 画像1
AGC 「Glascene」を採用した「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」

 

 AGC(東京都千代田区)の特殊なガラス製品「Glascene(グラシーン)」がこのほど、一部のタクシーの広告表示用窓ガラス素材として採用された。

 グラシーンは、広告映像をプロジェクターで投影できるガラス製透明スクリーン。映像を投影しない間は透明な窓ガラスの状態を維持する。タクシーの空車時間に広告映像を投影し、窓ガラスに広告を表示。自動車用窓ガラスとしての安全性・耐久性を確保しながら、空車中のタクシーを“広告看板”として生かせるという。

 タクシー配車アプリを展開するエスライド(東京都台東区)などが6月から、グラシーン装備のタクシーを東京都内で走らせ、“窓広告”サービスを開始する予定。

 AGCグループは「今後もお客さまに満足いただける新たな価値をプラスした製品をご提供できるよう技術革新を進めていく」としている。