カルチャー

九州に国産PRの食堂、カフェ開業 熊本と福岡に4月下旬、JA全農

九州に国産PRの食堂、カフェ開業 熊本と福岡に4月下旬、JA全農 画像1
みのる食堂アミュプラザくまもと店 「黒毛和牛『和王』の溶岩焼ステーキ膳」

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は4月下旬、直営店舗「みのる食堂」を熊本市、同「みのりカフェ」を福岡市にオープンする。

 みのる食堂の「アミュプラザくまもと店」は4月23日、熊本市のアミュプラザくまもと6階にオープン。熊本県産米「森のくまさん」を羽釜で炊いたご飯やブランド黒毛和牛「和王」など厳選した熊本食材使用の定食や農産物直売所直送野菜の「サラダビュッフェ」など熊本産食材をふんだんに使った各種メニューを提供する。座席数76。

 みのりカフェの「アミュプラザ博多店」は4月27日、福岡市のアミュプラザ博多地下1階にオープン。福岡県内の直売所から直送される野菜を使用した「スープカレー」やイチゴ「博多あまおう」など旬の果物を使ったオリジナルスイーツ「くだどら(果物どら焼き)」「フレッシュジュース」などを提供。テークアウトも可能。座席数28。

 JA全農は、国産農畜産物の利用拡大のため、国産100%(コーヒーや香辛料など国産使用が困難な一部原材料を除く)の食材を使う飲食店舗「みのる食堂」「みのりカフェ」を全国で展開。九州ではアミュプラザくまもと店が3店舗目のみのる食堂、アミュプラザ博多店が4店舗目のみのりカフェとなる。