カルチャー

ヘラマンタイトンが「結束バンドガイドブック」を無料公開 基礎知識や正しい取り扱い方などを解説

ヘラマンタイトンが「結束バンドガイドブック」作成 製品の製造工程や強度測定などを解説、無料公開 画像1
ヘラマンタイトン 「結束バンドガイドブック」

 

 結束バンド「インシュロック」など配線資材の製造を手掛けるヘラマンタイトン(東京都渋谷区)は、結束バンドの取り扱い方などをまとめた「結束バンドガイドブック」を作成、ウェブサイトで公開している。

 ガイドブックは表紙を含め計20ページ。初めて取り扱う人向けに「結束バンドとは?」で「複数の電線やケーブルを束ね、整えるプラスチック製配線結束材」といった用途についての説明や、製造工程、強度測定など製品を詳しく解説している。

 ヘラマンタイトンによると、同社の結束バンドは通信、電気・電子機器、自動車などさまざまな業界で使用されているという。製品種類も多く、使い方によって耐熱温度が違うといった特性があり、使用方法について企業からの問い合わせが多いことから“結束バンドのイロハ”が分かるハンドブックを作成。冊子もあるが「ウェブサイトからダウンロードして社内研修などで自由に使ってほしい」としている。

 ヘラマンタイトングループは、1935年ドイツで創業。30カ国以上に販売拠点を持つといい、日本法人は1970年に設立された。日本では兵庫県内の工場に、研究開発部門から金型製造、設計、品質保証部門があり、一貫生産を手掛けている。