カルチャー

サバ缶嫌いも好きになる!? 1千万缶を売り上げた人気の「Ça va(サヴァ)?缶」

「Ça va(サヴァ)?缶」5色缶セット
「Ça va(サヴァ)?缶」5色缶セット

 手頃な価格と高い栄養価が注目され、多くの人に愛されているサバ缶。なかでも、オリジナルの洋風テイストが大人気の商品が「Ça va(サヴァ)?缶」だ。発売からすでに累計1千万缶を売り上げたという。販売を行う「岩手県産」(岩手県紫波郡)は 、震災から10年目という節目を記念して、5色缶セット(税込み2,420円)を発売した。

臭みやクセを抑えた洋風テイストに
臭みやクセを抑えた洋風テイストに

 フランス語で「元気ですか?= Ça va?」とネーミングされた同商品は、岩手県や地元生産者など第三セクターで運営される「岩手県産」と、同県に工場をもつ「岩手缶詰」(釜石市)、東北の食の商品プロデュースなどを行う、「東の食の会」(東京)によって2013年に企画・発売。東日本大震災で被災した三陸から生まれた同商品は、今や岩手県を代表する一大商品に成長したという。

 東日本で水揚げされた国産サバを使用した同商品はバラエティ番組にも取り上げられ、一時入手困難になるなど、サバ缶ブームの火付け役にもなった。おしゃれなパッケージデザインが目を引く商品は「オリーブオイル漬け」、「レモンバジル味」、「パプリカチリ味」、「アクアパッツァ風」、「ブラックペッパー味」の5種類を展開。

そのまま食べてもおいしいサバ缶
そのまま食べてもおいしいサバ缶

 洋風テイストに味付けされたサバ缶は、そのまま食べてもおいしいが、器に取り出し、チーズや卵など食材を加えレンチンすれば簡単にアヒージョ風料理なども楽しめる。試食をした筆者のお気に入りはズバリ、「レモンバジル味」と「アクアパッツァ」。和洋問わず料理との相性は言うまでもないが、臭みがないその味をサバサンドなどにしてシンプルに味わってみるのも良いだろう。特に「レモンバジル味」と「アクアパッツァ風」の旨味成分が凝縮されたスープは、ゴクゴクと飲めてしまうほどの味わいなので、スープとともにサバを楽しんでいただきたい。また、お酒のおつまみには、程よい辛さの「パプリカチリソース味」「ブラックペッパー味」もおすすめだ。

子どもも喜んで食べたサバサンド
子どもも喜んで食べたサバサンド
調理例トマトカレー
調理例トマトカレー

 これからの季節、キンキンに冷やした白ワインやビールとの相性もぴったりなので、自宅やキャンプなどの語らいの場に一品加えて楽しんでみるのも良いかもしれない。
 購入、レシピ例確認は「岩手県産」WEBサイトで