カルチャー

偏愛するクラシックについて 村上春樹氏の新エッセイ

main

 タイトルは『古くて素敵なクラシック・レコードたち』。クラシック音楽をこよなく愛する作家・村上春樹さんが、LPレコード約470枚をカラーで紹介しながら縦横無尽に論じるという待望の音楽エッセイが、6月24日、文藝春秋(東京)から発刊される。

 氏はこれまで、和田誠さんとの共著のジャズエッセイ『ポートレイト・イン・ジャズ』『ポートレイト・イン・ジャズ2』、和田誠さんとの訳詩集『村上ソングズ』、また『意味がなければスイングはない』、対談集『小澤征爾さんと、音楽について話をする』など、音楽にまつわる本を多く刊行しているが、クラシックについての単著はこれが初めて。税込み2,530円。