カルチャー

AIで企業の決算発表翌日の株価を予測 クォンツ・リサーチが独自モデルを開発、新サービス提供

AIで企業の決算発表翌日の株価を予測 クォンツ・リサーチが独自モデルを開発、新サービス提供 画像1
クォンツ・リサーチ 「AI翌日株価予測モデル」

 金融情報サービスのクォンツ・リサーチ(東京都港区)は、人工知能(AI)を活用して企業の決算発表翌日に株価がどうなるかを予測する「AI翌日株価予測モデル」を開発。同社が提供する投資家サポートサイト「my株」に新機能として「予測サービス」を追加した。

 「AI翌日株価予測モデル」は、過去の決算データや直近の株価データから「機械学習」という技術でデータを学習したAIが、決算発表時点の株価から翌日(翌営業日)の株価を予測する同社独自の予測モデルだという。

 予測株価に加え、80%の確率で上限・下限の株価範囲も予測。同社が実際の銘柄でテストしたところ、70%強の確率で範囲内に収まったとしている。株の銘柄は東証1部上場企業など決算発表をしているすべての銘柄で予測できるという。

 「my株」は、国内上場株式を中心に投資分析を行い、パソコンやスマートフォンなどを通じて投資家に情報提供するサービス。無料でも利用できるが、新機能「AI翌日株価予測サービス」は有料のプレミアム会員に向けたサービス。

 「my株」には、発表された決算情報を分析する「決算速報分析」や、選択した項目をランキング形式で表示する「ランキング」、保有銘柄の資産状況などを表示する「損益推移グラフ」といった機能を搭載している。

 クォンツ・リサーチは、一般社団法人共同通信社のグループ会社。金融工学やAIを活用した予測モデルやアルゴリズム(計算手法)を開発し、投資家向けにサービスを提供している。