カルチャー

SUV車や、ジープ、ミニバン、軽自動車でも 車と連結させて広々テント

lf-cht010-gy-03

 今や自動車は単なる移動手段ではなく、快適に過ごしたいプライベートスペース。その車とアウトドアに欠かせないテントを一体化させたら、広々快適空間が誕生! イー・エム・エー(宮城県大河原町)は、ハッチバックタイプの車体後方に簡単に取り付けられるアウトドアテント「リアゲートハッチバックテント」の先行予約を、アウトドア総合ブランド「LandField(ランドフィールド)」などで始めた。6月中旬頃発送開始予定。

 SUV車から、ジープ、ミニバン、軽自動車までリアゲートがハッチバックタイプの車であれば取り付けることができる。連結するシート部分は伸縮性があり、高さのある車でもOK。テント内は360cm×D40cm で4人が横になれ、大人が立ち移動できる天井の高さは最長部212cmで大人が立って移動できるゆったりサイズ。重さは約7.1kg。出入り口と換気用小窓には虫の侵入を防ぐファスナー式のメッシュが付いていて、出入り口や小窓をすべて閉じると防風・防雨性がアップする。車につなげず独立テントとしても使える。

 「でもテントの組み立てって難しいのでは?」と不安なテント初心者でも大丈夫。付属のポールとフックを説明書通りに車両に装着していくだけで、約20分で組み立てられる。キャンプや海水浴の時だけでなく、遠出しなくても手軽にアウトドア気分が楽しめ、車中泊や災害などの緊急時にも活躍しそうだ。