カルチャー

環境を意識した食育、食文化の継承などを表彰 若い世代も発信、農水省「第5回食育活動表彰」受賞者決定

5回農林水産大臣賞 青森市食生活改善推進員会
5回農林水産大臣賞 青森市食生活改善推進員会

 農林水産省は、食育を推進する優れた取り組みの功績を広く周知して食育を推進していこうと、「食育活動表彰」を実施している。対象は、ボランティア活動、教育活動、農林漁業、食品製造・販売、その他の事業活動を通じた食育関係者の取り組みだ。そしてこのほど、「第5回食育活動表彰」の農林水産大臣賞、消費・安全局長賞の受賞者が決定した。

 表彰の対象となるのは、第3次食育推進基本計画の重点課題を中心に、「若い世代を中心とした食育の推進」「多様な暮らしに対応した食育の推進」「健康寿命の延伸につながる食育の推進」「食の循環や環境を意識した食育の推進」「食文化の継承に向けた食育の推進」などに寄与した活動。都道府県・政令指定都市・大学などからの推薦による「ボランティア部門」と、自薦応募も可能な「教育関係者・事業者部門」の2部門を設定。今回、241件の事例の中から、特に優れた取り組みを行っている6件の団体に農林水産大臣賞、優れた取り組みを行っている10件に消費・安全局長賞が授与された。

 ボランティア部門の農林水産大臣賞は、親子の食育に取り組んでいる青森市食生活改善推進員会(青森県)、食生活実態調査や食エクスカーションの実施などに取り組む鴨川味の方舟(千葉県)、脱「偏食」のための実践活動を家庭と共に取り組む武庫愛の園幼稚園(兵庫県)、「地場産学校給食」を実現する先駆的な仕組みを構築したJA東京むさし小平地区(東京都)などが受賞した。

 なお、令和3年6月26日(土)に第16回食育推進全国大会inいわて(岩手県産業文化センターアピオ・岩手県滝沢市)開会式で予定されていた表彰式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となった。

受賞者は以下の通り。

ボランティア部門

(1)食生活改善推進員の部

【農林水産大臣賞】 青森市食生活改善推進員会(青森県)

【消費・安全局長賞】 東海市健康づくり食生活改善協議会(愛知県)

【消費・安全局長賞】 嬉野市食生活改善推進協議会(佐賀県)

(2)大学等の部

【消費・安全局長賞】 香川短期大学 食育ゼミ(香川県)

【消費・安全局長賞】 九州国際大学 村上ゼミ「子ども食堂チーム」(福岡県)

(3)食育推進ボランティアの部

【農林水産大臣賞】 プロジェクト鴨川味の方舟(千葉県)

【消費・安全局長賞】 香美町とと活隊(兵庫県)

【消費・安全局長賞】 弁当の日応援団 IN 瑞穂(岐阜県)

教育関係者・事業者部門

(1)教育等関係者の部

【農林水産大臣賞】 認定こども園 武庫愛の園幼稚園(兵庫県)

【消費・安全局長賞】 草津市立渋川小学校(滋賀県)

【消費・安全局長賞】 北海道中標津農業高等学校(北海道)

(2)農林漁業者等の部

【農林水産大臣賞】 JA東京むさし小平地区(東京都) 【消費・安全局長賞】 ささえたまご農園(福井県)

(3)食品製造・販売者等の部

【農林水産大臣賞】 株式会社 Mizkan Holdings(東京都)

【消費・安全局長賞】 株式会社 マルイ(岡山県)

(4) 地方公共団体の部

【農林水産大臣賞】 東松島市食育推進協議会(宮城県)