カルチャー

冷蔵庫で食品ロスを削減 在庫データでレシピ提案

ストックマネージャー データ活用のイメージ
ストックマネージャー データ活用のイメージ

 毎日冷蔵庫の中身をしっかり確かめて買い物できればいいけれど、ダブり買いや、奥の方で消費期限切れ発見、なんてアクシデントも起きてしまう。ちゃんと把握していても、「さて、この材料でできる料理は・・・とレシピサイトをうろうろ。この面倒を解決してくれる冷蔵庫が出てきそうだ。パナソニックは、冷蔵庫内の在庫情報をスマホで確認できる「ストックマネージャー(重量検知プレート)」を活用し、サッポロホールディングスのWebアプリ「うちレピ」でレシピを提案する実証実験をスタートする。食品ロス削減に向けた取り組みだ。

 日本の食品ロスは年間約600万トンで、うち46%が家庭から出ている。そこで食品ロス削減に直結する取り組みとして、「重量検知プレート」のセンサーで取得したデータから算出した在庫情報をスマホのアプリに表示する「ストックマネージャー」を2021年2月から提供、在庫の“見える化”を図っている。

 「うちレピ」の方は、食材購入時のレシート撮影などで食材を登録すると、その食材だけで作れるレシピや、買い足す食材候補をAIが提案してくれるもの。

 この二つが連携して使い切りレシピを提案、食品ロスを減らそうというのが今回の実証実験。手軽に利用できるようになれば、ロス削減はもちろんだが、家庭の“料理人”にとっても便利な機能になりそうだ。