カルチャー

愛らしく、生き生きとした猫たちを描く 大阪で市来功成氏の絵画展

main
「君のゆめは僕の夢」水彩・アクリル

 猫と共に暮らし、愛らしい姿形を描く画家・市来功成氏。一本一本丹精込めて描かれた柔らかな毛並み、時に人に寄り添い、時に孤高の姿を見せる猫たちを暖かなまなざしを通して生き生きと描く作品は、多くの人々の共感を呼び、愛されている。氏の猫の絵画展「~きみが僕にくれたもの~」が、大阪市・大丸心斎橋店 本館8階「アールグロリュー ギャラリー オブ オーサカ」で、6月16日(水)から6月22日(火)に開催される(最終日は16時閉場予定)。新作を中心に約25点を出品。入場無料。市来氏も会期中連日、在廊予定(都合により変更の場合あり)。思わず触れたくなりそうな、柔らかな猫の毛並みや存在感を堪能しよう。

「なんでもないことが」水彩・アクリル
「なんでもないことが」水彩・アクリル