カルチャー

コーヒーとともに楽しむ“飲む文庫本” 東京・渋谷で期間限定登場

珈琲文庫|

 ふと気が付くとスマホを開き、時間をつぶしてしまう…。読もうと思って買いためた文庫本は積まれたままほこりをかぶってしまっていて…。そんな経験はあるだろうか? 越境(東京)が提供する珈琲ブランド「珈琲(コーヒー)文庫」は、そんな人たちのための商品かもしれない。

 “飲む文庫本”をコンセプトに、総勢36人のクリエイターの私小説をコーヒーカップのスリーブに記載。「忘れられない一言」「密かな夢」「2026年 その日の旅」など6種のテーマからなる小説が楽しめる。ほっと一息つく時間にぴったりな原稿用紙1枚分の文章量。そして、テーマごとにぴったりのブレンドコーヒーを用意。バリスタが入れた至福のコーヒーを、気になる小説とともに味わえる!

珈琲文庫|の楽しみ方

 6月28日から7月9日までの期間限定で、東京・渋谷の「the Hive JINNAN」で提供する。ホットとアイスが選べ、1杯税込み450円。

■the Hive JINNAN

東京都渋谷区神南1-6-5 the Hive JINNANテラス

11:00~16:00(土曜日のみ13:00~16:00)

日曜、雨天は定休日となる