カルチャー

シングルモルト「ポートエレン40年」 世界で1,380本限定販売

main

 スコッチウイスキーの聖地、アイラ島。かつてのポートエレン蒸溜所(じょうりゅうじょ)で造られていたシングルモルトウイスキー「ポートエレン40年」(MHD モエ ヘネシー ディアジオ・東京)が日本でも発売された。全世界で限定1,380本、オフィシャルボトルとして最長熟となる40年熟成だ。

ポートエレン 40年のテーマ「9 ROGUE CASKS」

 惜しまれつつ1983年に閉鎖されたポートエレン蒸溜所。ここで造られた原酒は、何回かのリリースによる貯蔵だるの減少と、熟成年数が長くなることでその希少価値も年々高まり、現在では“幻のウイスキー”と称されている。「ポートエレン 40年」も蒸溜所の閉鎖後、大切に保管されてきた原酒をボトリングした幻の逸品だ。お値段は税別で80万円也。蒸溜所は今年、2021年内の再稼働を目指しており、世界中のウイスキー愛好家の注目を集めている。