カルチャー

関東・東北の道の駅で食べてみたい「ひんやりスイーツ」は? JAF関東本部が「総選挙2021」を開催

関東・東北の道の駅で食べてみたい「ひんやりスイーツ」は? JAF関東本部が「総選挙2021」を開催 画像1
JAF関東本部 「道の駅ひんやりスイーツ総選挙2021」

 日本自動車連盟(JAF)関東本部(東京都港区)は、関東・東北の道の駅で提供している「ひんやりスイーツ」のナンバーワンを決める人気投票を8月31日まで実施している。

 「道の駅ひんやりスイーツ総選挙2021」で、JAF東北本部、旅行雑誌「関東・東北じゃらん」との共催。関東・東北エリアにある100以上の道の駅からエントリーされたソフトクリームや、かき氷といった「ひんやりスイーツ」について、「食べておいしかった」「食べてみたい」というスイーツに投票し、関東・東北エリアそれぞれの「道の駅ひんやりスイーツNO.1」を決める。

 関東エリアからは、JAF関東本部管轄の1都9県(東京、埼玉、千葉、神奈川、山梨、長野、新潟、群馬、栃木、茨城)から43種がエントリーしている。東北エリアからのエントリー61種と合わせ計104種の「ひんやりスイーツ」が登録されており、7月1日発売の「関東・東北じゃらん8月号」でもすべて紹介されるという。

 投票者の中から抽選で、道の駅の特産品などが当たる。投票方法、エントリー商品、プレゼント内容はサイトを参照

 結果は9月ごろに、投票で上位になった商品をJAFホームページで公表する予定。