おでかけ

福島・白河市に「だるまランド」  “七転び八起き”とかけて7月8日オープン

img_266440_1

 閉塞感漂う時勢だが、七転び八起きの意味が込められた「だるま」に向き合ったら前向きな気持ちをもらえるかもしれない! 約300年の歴史を誇る白河だるま総本舗(福島県白河市)は、“だるま好きになろう!”をコンセプトに、見て、学んで、楽しめる体験型観光施設「だるまランド」を7月8日にオープンした。

img_266440_3

 歴史的建造物など5棟の建物を約3年かけてリフォームした施設は、広さ700坪。駐車場には城をほうふつとさせる石垣が組まれ、施設内は「作業場」「展示場」「学び場」「物販体験場」「だるま神社」「屋外カフェ」の6つのエリアから成る。白河だるまの製造過程の工場見学や展示場、絵付け体験など仮想工場見学を組み合わせたワークショップ、合格を祈願するだるま神社、だるまを活用したアトラクション、地元企業とコラボしたお土産の販売など、白河だるまをメインに活用した体験型エンターテインメント施設だ。営業時間は10時~17時。定休日無し。入場無料。