SDGs

ごみを出さない新しいショッピングのカタチ LoopがECサイトの実証参加者を募集

Loop ECサイトのイメージ。
Loop ECサイトのイメージ。

 “捨てるという概念を捨てよう”というコンセプトの下、Loop Japan(横浜市)が目指すごみを出さない循環型のショッピング。日本では5月下旬から、一部のイオン店舗でLoop商品の店頭販売が始まっている。そのLoopのECサイトが8月31日(火)から実証実験をスタート。参加者の第一次受付を7月12日(月)から開始する。

 第一次受付の対象となるのは東京都内在住者。募集は3,000世帯で、応募が多い場合は抽選となる。8月に実施する第二次受付では対象を神奈川・千葉・埼玉に広げ、2,000世帯を募集する予定。参加希望者は、専用サイトにアクセスして住所・氏名などを入力。参加決定者には8月2日(月)に結果をメールで送信する。

 実証実験で購入することができるのは、アース製薬の「モンダミン」・味の素の「ほんだし」・キッコーマン食品の「Loop御用蔵醬油(しょうゆ)」・資生堂の「アクアレーベル スペシャルジェルクリームA(オールイン)」・ネイチャーズウェイの「ドクターブロナー LOOPマジックソープ」・フィッツコーポレーションの「ヴァシリーサ ヌードワンルームフレグランスLoopモデル」・luv waves of materialsの「LUVHAIRシャンプー」などの17商品。いずれも繰り返し使える耐久性のある容器に入っていて、空容器をLoopが回収。洗浄後、各メーカーで再び充てんされて商品として販売される。

 Loopを使ったショッピングでは、容器のごみが出ないだけではなく、次の商品配達時に空容器を回収してくれるから、ごみ出し・容器の返却といった日々の手間も減らすことができる。容器は各社がLoop専用に耐久性はもちろんのこと、デザイン性も重視して開発。ガラス瓶に入ったモンダミンやほんだしは、置いているだけでインテリアにもなりそうだ。

 環境に優しいごみを出さないショッピング、ぜひ参加してみよう!