カルチャー

「こぐまちゃんえほん」の魅力に迫る 名古屋でわかやまけんさんの初展覧会

『しろくまちゃんのほっとけーき』より(こぐま社)Ⓒわかやまけん・こぐま社
『しろくまちゃんのほっとけーき』より(こぐま社)Ⓒわかやまけん・こぐま社

 1970年に誕生し、累計発行部数1,000万部を超えるわかやまけん(若山憲)氏のロングセラー絵本シリーズ「こぐまちゃんえほん」。半世紀にわたり親しまれているわかやまさんの創作の全貌を紹介する初めての展覧会「こぐまちゃんとしろくまちゃん 絵本作家・わかやまけんの世界」が、7月22日(木・祝)から8月2日(月)にジェイアール名古屋タカシマヤ(ジェイアール東海高島屋・名古屋市中村区名駅1-1-4) 10階特設会場で開催される。10時~19時30分(20時閉場)。最終日は16時30分まで(17時閉場)。中日新聞社主催。

「こぐまちゃんえほん」 下絵(1970年・こぐま社)Ⓒわかやまけん・こぐま社
「こぐまちゃんえほん」 下絵(1970年・こぐま社)Ⓒわかやまけん・こぐま社

 シリーズから『こぐまちゃん おはよう』『しろくまちゃんのほっとけーき』など初公開を含むリトグラフや原画を一挙に公開。また、わかやま氏の代表作『おばけのどろんどろん』シリーズなど約30冊の絵本のリトグラフや原画、雑誌など約230点を展示する。マスキングテープ(各種税込み550円)、わかやまさんが描いた版を基に制作された3場面のリトグラフ(特別額装・作品証明書付き・同29,700円)などグッズの販売もある。

 期間中には展示と並行してイベントも開催。会場にこぐまちゃんが来場する「こぐまちゃんと一緒に写真撮影会」(カメラは各自持参)を、7月24日(土)・25日(日)・31日(土)、8月1日(日)に開催(各日11時~/13時30分~)。各回先着25組。また、絵本の読み聞かせ「たのしいおはなし会」を7月22日(木・祝)の11時~/14時~の2回開催。各回先着15人。いずれも、当日会場入り口で開店時から整理券を配布する。

 入場チケットは、当日購入が一般 1,000円、大学生・高校生 800円、中学生以下は無料。前売り・団体(10人以上)は一般 800円、大学生・高校生 600円。セブンチケット(セブンコード:088-966)、ローソンチケット(Lコード:41939)、チケットぴあ(Pコード:685-662)、BOO-Wooチケット(東海エリア中心にエンタテインメント等のチケットをPC・スマートフォン・タブレットなどの端末からオンラインで予約・購入できるサービス)で購入できる。前売り券は7月21日(水)まで、当日券は8月2日(月)正午まで購入可能。中日新聞販売店でも販売。「障がい者手帳」「特定医療費受給者証」を提示した場合は本人と同伴者1人が入場無料になる。

 親世代から子世代へ受け継がれているこぐまちゃんの世界を堪能しよう!