カルチャー

ヒョウモントカゲモドキ600種 種名の由来も分かる品種図鑑

main

 動物や鳥、花の色や形に自然の“技”を感じることは少なくないが、このヒョウモントカゲモドキの色合いはやはり突出している。見れば見るほど楽しい。爬虫類ファンにももちろん魅力満載の『ヒョウモントカゲモドキ品種図鑑』(誠文堂新光社・東京)が8月6日、発売される。

 ヒョウモントカゲモドキはほとんどが繁殖個体で、爬虫類の中でも品種改良が最も進んでいる種類の一つ。掲載品種は亜種分類、体の色や模様、目の色、体の大きさなどで細かくカテゴライズして紹介している。

ヒョウモントカゲモドキ品種図鑑

 品種名はブリーダーの名前をつけることもあるのだそうで、トレンパー氏(例:トレンパー・アルビノ、トレンパー・ジャイアント)やベル氏(例:ベル・アルビノ)、マック氏(例:マック・スノー)、マーフィー氏 (マーフィー・パターンレス)、レインウォーター氏(例:レインウォーター・アルビノ)などが有名。彼らの居住地であるテキサス、フロリダ、ラスベガスが名前の一部につくこともあるという。そんな種名の由来、ブリーダーによる繁殖の秘話もコラムとして掲載している。総掲載点数800以上の写真は圧巻だ。税込み4,950円。