カルチャー

ソロキャンプでBBQやたき火が楽しめるコンパクトグリル ロゴスが「卓上グリル」シリーズ3種を発売

マルチなミニグリル「卓上グリル」シリーズ
マルチなミニグリル「卓上グリル」シリーズ

 アウトドアブランドのLOGOS(大阪市)は、軽量でコンパクトなサイズで持ち運びに便利なミニグリル、「卓上グリル」シリーズを発売した。

 新発売した卓上グリルは、「miniたき火コンロ」「テーブルグリルキューブ」「LOGOS BOOKグリル-BA」の3種。ソロキャンプや少人数のキャンプに便利な同商品は、BBQ(バーベキュー)グリルとして使用はもちろん、小型のダッチオーブンや土鍋などのアイテムと組み合わせて幅広い使い方が可能という。

miniたき火コンロ

 「miniたき火コンロ」は、ソロキャンプに適したグリルで、材質はさびにくく耐久性に優れたステンレス製。火床側面の開口部から小枝などを燃やして、小さなたき火も可能。折りたたみ式の三脚スタンドを広げるだけで簡単に組立てられる。直径は約15センチ、重さ240グラム。収納袋付き。

テーブルグリルキューブ

 「テーブルグリルキューブ」は、パーツを重ねて組み合わせるだけで使用できる、コンパクトなキューブ型のグリル。使用する焼網(約16センチ角)は、一度に4枚の肉を焼くことができ、2人用の食事に適した手のひらサイズ。大きさは、幅16.5×奥行16.5×高さ13センチ(約)。重さは約1.2キロ。

LOGOS BOOKグリル-BA

 「LOGOS BOOKグリル-BA 」は、火床の四方を囲ったクローズドスタイルのグリル。熱を逃がさない構造のため、高火力での調理が可能。サイドパネルの正面を1枚開放すれば、火力調節もできる。収納時は、パーツを分解してたたんで重ねると小さくなるので、持ち運びも便利。収納袋付き。

 価格は「miniたき火コンロ」が3,960円(税込み)、「テーブルグリルキューブ」 と「LOGOS BOOKグリル-BA」はともに オープン価格。