カルチャー

お金と社会のかかわりを親子で学べる 小学校低学年・高学年~中学生向けのオンライン講座

学校では教わらない お金の勉強

 日本は子どもの頃から「お金」について学ぶ機会がなかなかないと言われることがある。お金と社会の関わりを親子で楽しく学び、未来の担い手である子どもたちの「生きる力」を育んでもらおうと、VIA(東京)と東京メトロがコラボし、親子向けオンラインセミナー「学校では教わらない お金の勉強」を9月に開催する。 「小学1年生から3年生向け」を9月12日(日)・18日(土)に、「小学4年生から中学生向け」を9月11日(土)・19日(日)に開催。各コースとも午前の部(10時~12時)は「経済のはなし」をテーマに、物やサービスの利用者側(需要)と、製造・提供側(供給)とを「お金」がつないでいるという社会の基本を身近な例で考え、「子どももすでに社会の一員である」ということを伝える。午後の部(14時~16時)は「投資のはなし」をテーマに、企業や業界・社会のトレンドを知るきっかけになる投資について解説する。

講師 森永康平氏

 講師は、経済アナリストとしても活躍する森永康平氏。関東を中心に小学生から社会人まで幅広い層に対して講演を展開している金融教育ベンチャー「マネネ」(東京)の代表。証券会社や運用会社でアナリスト、ストラテジストとして日本の中小型株式や新興国経済のリサーチ業務に従事している。

 WEB会議サービス「Zoom」を使用。参加料金は、1回税込み2,200円。兄弟を含め家族で参加できる。午前・午後それぞれのみの受講も可能。申し込みは8月3日から各開催日当日まで、特設ページで受け付ける(申込みにはイベント・コミュニティ管理サービス「Peatix」のアカウントが必要。登録無料)。

 東京メトロが実施したオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2020」でVIAが最終審査を通過。両社協業事業として、「お金」をテーマにした親子向け教育セミナーを開催することになった。今後もさまざまな講座を開設していく予定という。