カルチャー

ジャパンワイン甲子園 全国の120種類が兵庫県・西宮市に集結

LL_img_267521_1

 うんちくを語らず、気軽に好みで国内のワインを探してみる。そんな人にぴったりのイベント「ジャパンワイン甲子園」がこの秋、10月31日に兵庫県・西宮市の「ホテルヒューイット甲子園」で初開催される。

 ワイン人気は定着しているが、まだまだ輸入ワインが主流。味、香り、余韻などの専門的な“分析”がハードルを上げていることも少なくない。そこで、北海道から九州まで全国のワイナリーから約120種類の日本ワインを集め、生産者やソムリエたちとコミュニケーションを楽しみながら、自分好みのワインと出会える場として、このイベントを企画した。

 ワインのプロではない“ワインファン”が、好みの日本ワインに投票する投票会も実施。一番多く票を獲得したものは“第1回ジャパンワイン甲子園 優勝ワイン”として公表する予定だ。前売り券が3,000円、当日券は3,500円。