社会

玉音放送をどこで聴いた? ソニーの盛田氏ら18人の戦争体験

main

 8月は日本にとって第二次世界大戦の記憶をたどる月だ。終戦から76年、戦争は歴史の教科書の中のできごと、という人が大多数になった今、原爆投下や特攻隊という悲惨に現実感はなくなっている。だが、私たちがよく知る“彼ら”にとっての戦争は、今も生々しい記憶だ。ソニー元副社長で、テニスの錦織圭選手を育てた盛田正明さんや、茶道・裏千家の前お家元、千玄室さん、全米オープンテニスダブルス優勝の宮城淳さんなど、18人がその戦争経験を語った『わたしたちもみんな子どもだった〜戦争が日常だった私たちの体験記』(ブラインドライターズ・東京、税別1,500円)が発売された。

 サハリン残留、シベリア抑留、満州引き揚げなど、戦争で起こったさまざまな事件を、体験記として取り上げた。戦争中や終戦だけでなく、焼け野原になった街から日本がどう復興したのかも語られている。用語解説や地図などを使い、体験記を読みながら全体像をつかみやすいように構成されている。