SDGs

スーパーで廃棄される食材を施設内の動物に エキスポシティで進む、食品ロス削減に寄与する取り組み

スーパーで廃棄される食材を施設内の動物に エキスポシティで進む、食品ロス削減に寄与する取り組み 画像1
EXPOCITY ワオキツネザルやカピバラに「デイリーカナートイズミヤ」からの食材を与える「NIFREL」のキュレーターと獣医師

 大阪府吹田市の複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」で、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」にも掲げられている、食品ロス削減に寄与する取り組みが進んでいる。

 施設内のスーパーマーケット「デイリーカナートイズミヤ」は、売り場に並べる前に商品点検・加工・包装セクションで取り除かれた、野菜の固い外側の葉や、入荷後の点検で商品としてそぐわないと判断されたものを週に2回、ミュージアム「NIFREL(ニフレル)」の動物の餌として提供している。ニフレルは、水中や陸上の生きものを間近で観察できる施設だ。

 提供された食材は、獣医師やニフレルのキュレーターが、アクが強いなどの理由で動物にふさわしくないものを選別して除き、数日に分けて給餌される。

 この取り組みは2020年の秋、ニフレル側から、スーパーの廃棄食材を活用できないか、とエキスポシティに相談があり、エキスポシティの職員が両社を引き合わせたという。その後、双方が運用方法などを検討し、その年の12月にスタートした。

 ニフレルは、「環境エンリッチメント」という、生きものに刺激を与えて生き生きと生活できるようにするための取り組みとして、普段とは違う特別な餌を与えたり、与え方にも工夫をこらしたりしていた。人が食べる野菜や果物は生き物にとって目新しかったり、興味深かったりするという。

 スーパーの山本高史店長も「これまで廃棄していたものが役立っていると思うと喜びを感じる」と話す。

 エキスポシティは、敷地内の植栽から剪定(せんてい)された枝葉などの一部も、ニフレルの動物の餌や巣材として活用している。