カルチャー

かつお節の価値や魅力をもっと知って 意外な食材との相性やメニューも紹介

main

 冷ややっこや野菜のおひたしにかけるだけじゃもったいない。もっといろいろなかつお節の味わい方や活用の仕方がある! かつお節メーカーのヤマキ(愛媛県伊予市)は、かつお節の価値や魅力をより広く知ってもらう活動「ヤマキ かつお節プラス」を開始。11月24日(いいぶし)の「かつお節の日」に向け、日本各地で食べられているかつお節メニューや、かつお節に合う意外なメニューの紹介などをしていくWEBサイトを開設した。

sub1

 例えばかつお節とトマト双方のうま味が掛け合わさると、より強いうま味が感じられるという。その秘密は? 何種類もの調味料を使わなくても新しい味を発見できる「うま味成分の掛け合わせ」のコツを解説している。忙しい朝のパンメニューにも、かつお節をプラスすればうま味だけでなくタンパク質摂取量を少しでもアップすることができる。そんな「かつお節でみんなの生活をちょっとプラスに」が、「かつお節プラス」の目指すところ。かつおが原料だけど魚が苦手な子どもでもおいしく食べられる食材、かつお節。サイトをのぞけば今まで以上に親しみがわきそうだ。