カルチャー

SNSアカウントのQRコードをシールに ローソンのマルチコピー機で印刷可能

SNSアカウントのQRコードをシールに ローソンのマルチコピー機で印刷可能 画像1
ビジネス・インフォメーション・テクノロジー 「eプリントサービス」

 

 業務用ソフトウエア開発やマルチメディア企画・制作を手掛けるビジネス・インフォメーション・テクノロジー(東京都台東区)は、アイラボ(東京都千代田区)が開発したオリジナルQRコードが作成できるアプリ「Qプリ」と提携し、アプリ内で作成したQRコードを全国のローソンのマルチコピー機からシールとして取り出すことができるサービスを9月6日に始める。

 QRコードの色は12種類、サイズは7種類から選べる。中央にアイコンを配置することもできる。

 QRコードのシールは、無料通信アプリLINE(ライン)やフェイスブックなど会員制交流サイト(SNS)の個人や法人のアカウントをQRコードにして、自分の名刺に貼ったり、店舗が店内ポップとして貼ったりするなど幅広く活用できる。

 利用方法は、アプリ内でオリジナルのQRコードを作成し、「コンビニプリント用番号を取得」のボタンを押して予約番号を取得。ローソンに設置されているマルチコピー機内のコンテンツサービス「eプリントサービス」から、アプリで取得したコンビニプリント用番号を入力すると印刷できる。料金はL版300円、スクエア版400円、2L版500円。