カルチャー

最高にうまい魚の食べ方を伝授 YouTubeチャンネル「ウエカツ流サカナ道一直線」オープン

sub2

 漁師から水産庁職員へ、そして水産会社設立という異色の経歴を持ち、魚食の復興に取り組む“ウエカツ”こと上田勝彦氏。魚を知り尽くした“魚の伝道師”が、魚の魅力を定期配信するYouTubeチャンネル「ウエカツ流サカナ道一直線」を開設した。魚食文化の世界への発信を目指す「SAKANA&JAPAN PROJECT」(全国漁業協同組合連合会・一般社団法人大日本水産会・産経新聞社)の一環で、産経新聞でウエカツさんが連載中の同名コラムと連動。今食べたい旬の魚、その暮らしぶりとうまさ、さばき方や調理法、最高にうまい料理の数々を、ウエカツさんの軽妙なトークで発信していく。

sub1

 記念すべき第1弾では、約30kgの生の本マグロ(クロマグロ)を買い付けて解体。水産庁職員時代に、マグロ資源の開拓のためマグロ船に乗り込んで太平洋でマグロを追い求めたウエカツさんが、マグロを食べ尽くす。40種類以上あるという部位ごとに切り分け、各部位に合った調理法で12品の料理を作った。刺し盛りは、大トロが腹とカマトロ、中トロは皮ぎしとヒレぎし、赤身も真ん中の赤身と血合いぎし、骨と骨の間の中落ち、希少な脳天や大トロの先端の腹端など9種類。ほかにも、目玉、エラ、皮、血合い、尾肉など、部位ごとに異なる味わいが楽しめ、料理法も自由自在なマグロの魅力をたっぷり届ける。第2弾は秋の味覚サンマを配信予定。

main

 これまで、魚の魅力を伝えるために多くの漁業・水産業界関係者が懸命な努力を続けてきても魚離れは進んだ。「魚に関心のある人には伝わっても、それ以外の多くの人には伝わっていなかったのではないか」と感じていたというウエカツさん。そうした中、新型コロナウイルスの影響で、オンラインで料理教室を開く機会が増えた。より多くの人に伝えられ、「繰り返し再生して視聴できる」「参加者は自分の台所というホームグラウンドで安心して学べる」「カメラのアングルを切り替え、まな板の手元をアップにできるなど」など、メリットがたくさんあることに気付いたという。そして、YouTubeの伝える力に可能性を感じ、チャンネルを立ち上げた。「これまでやってきたことのある意味での“終活”として、映像を残しておきたいと思ったこともある。これからも季節ごとの魚のうまさを、あらゆる料理に通じる極意とともに伝えてきたい」とのコメントを寄せている。