社会

キャタラーが燃料電池車で使用する電極触媒の量産開始 トヨタの新型「MIRAI」に採用、コスト低減図る

キャタラーが燃料電池車で使用する電極触媒の量産開始 トヨタの新型「MIRAI」に採用、コスト低減図る 画像1
キャタラー 「自動車用高効率燃料電池触媒」

 自動車排ガス浄化触媒や、電動自動車用電極触媒の開発・生産を手掛けるキャタラー(静岡県掛川市)は、トヨタ自動車の燃料電池車 新型「MIRAI(ミライ)」に採用された電極触媒の量産を開始した。

 燃料電池車は、水素と酸素の科学反応で電気を発生させ、モーターを動かして走る自動車だ。排出されるのは水だけで「究極のエコカー」といわれる。トヨタは2014年に世界で初めて一般向けの燃料電池車「MIRAI」を発売。2020年12月に2代目となる新型を投入した。

 キャタラーによると、新型「MIRAI」の燃料電池について、触媒層で水素と酸素の反応を促進させる材料である「電極触媒」をキャタラーとトヨタが共同開発。従来の電極触媒と比べ触媒性能を大幅に向上させ、燃料電池車のコスト低減ができることが特徴だとしている。キャタラーは初代「MIRAI」にも電極触媒を提供、新型では高性能に機能アップしたという。