カルチャー

小鳥たちの心理に迫る 鳥たちとの幸せな暮らしをめざす鳥飼いさんのための本

main

 犬や猫だけでなく、鳥を飼う人もずいぶん増えた。その表情やしぐさのかわいさで動画サイトも沸かせている。そんな小鳥たちの心理にせまった一冊、『くらべてわかる 文鳥心、インコの気持ち』(細川博昭著、誠文堂新光社・東京)が9月14日、発売される。

 文鳥とインコは、同じ鳥類でありながら、遺伝子レベルでは小型のサルとリス以上の隔たりがあるのだという。鳥たちがどのように進化し、どのような世界を見て、音や声を聞いているのか。感情はあるのか。鳥同士だけでなく人間への意識はあるのか。両者の進化をひもときながら、その心理や行動の違いを知ることができる。彼らの心に寄り添い、幸せな鳥たちとの暮らしをめざす本だ。税込み1,760円。