エンタメ

「イチナナ」から「ワンセブン」へ! 「17LIVE」がグローバル拠点を日本に定めてリブランディング

 日本最大級のライブ配信アプリ「17LIVE」が次なるステージへと進化を遂げる。同アプリを運営する17LIVE株式会社(東京)は2021年9月10日、「17LIVE」のリブランディング(ブランドの再構築)を表明。この日、「17LIVE リブランディング方針に関する発表会」が都内で開催された。

 発表会では、まず代表取締役/Global CEOの小野裕史(おの・ひろふみ)氏が登壇。2021年末までに、同社が世界6カ所に拠点を持つ17LIVEグループのグローバル本社となることを発表した。これに伴い、社名も17LIVE(イチナナライブ)株式会社から17LIVE(ワンセブンライブ)株式会社に変更。ロゴ、ミッションステートメントも一新され、グローバルに展開する日本企業として生まれ変わることになる。

17LIVEの新しいロゴを紹介する小野CEO。赤い文字はライブ配信の楽しさや「ON AIR」中のイメージを、白地はライブにおける“ありのまま”の部分を表しているという。
17LIVEの新しいロゴを紹介する小野CEO。赤い文字はライブ配信の楽しさや「ON AIR」中のイメージを、白地はライブにおける“ありのまま”の部分を表しているという。

 「17LIVE」は、スマホ一つで自分のライブ番組を世界に配信できるライブ配信アプリとして2015年に台湾で誕生。日本では2017年にサービスを開始し、No.1のライブ配信アプリへと成長を遂げた。2021年9月現在、登録者は世界で5,000万人を突破し、拠点も東京・北京・香港・台北・ニューデリー・ロサンゼルスと広がり、283の地域でサービスを提供する会社に発展している。ただ、サービスの呼称は日本で「イチナナライブ」、台湾では「イーチーライブ」、アメリカでは「LIVIT(リビット)」などと異なっていた。

 リブランディングに踏み切った理由について、小野CEOは「我々のサービスは、国によって違う呼ばれ方をしていたり違うブランドだったりした。これを統一したブランドにして、日本発のグローバル企業にしていきたい」「経営の主軸を日本に移すことで、コンテンツ発信国として日本が培ってきた知識や財産を活用しながら、ライブ配信による新しいコミュニケーションの形、新しい人と人とのつながりの形を世界中につなげていく」などと説明した。

4年前から17LIVEの配信をやっているというDJ KOOさんは、この格好を見てもらいたい人として奥さんと師匠の小室哲哉さんを挙げた。
4年前から17LIVEの配信をやっているというDJ KOOさんは、この格好を見てもらいたい人として奥さんと師匠の小室哲哉さんを挙げた。

 発表会の後半では、「17LIVE」でも活躍するDJ KOOさん、クロちゃん、AKB48の小栗有以さん/岡部麟さん、AKB48卒業生の峯岸みなみさんが登壇。だが、皆さん雰囲気がいつもとは違う。「17LIVE」のリブランディングに合わせ、自身をリブランドして登場してもらおうという趣向のようだ。いつもカラフルな柄物の服を着ているDJ KOOさんはブラック&ホワイトのシックな装いで、AKB48の二人と峯岸さんは大人っぽさを狙ったファッション。クロちゃんにいたっては、タキシードを着たうえにジョニー・デップ風(?)の茶髪まで生えている。

卒業コンサートのライブ配信のスコアが、開始数分で史上最高値を記録した峯岸みなみさんは大人の女性を演出。
卒業コンサートのライブ配信のスコアが、開始数分で史上最高値を記録した峯岸みなみさんは大人の女性を演出。

 続いて5人のトークセッションが行われ、「17LIVE」の使い方のコツや思い出エピソードを披露。DJ KOOさんはコロナ禍で頑張る医療従事者への感謝の思いを込めて“3分間拍手”という配信を継続的に行い、たくさんの視聴者から拍手の絵文字が届いたり医療従事者から視聴者が健康でいてくれてうれしいと反応があったりと、「17LIVE」でみんながつながることを実感していると紹介した。クロちゃんは「ライブ配信している本人が楽しまないと見ている人にも伝わらない。まずは楽しんでやってみるのが大事」とライブ配信のコツを伝授。峯岸さんは「すっごくいいこと言ってるんですけど、見た目がインチキプロデューサー」とツッコんだ。5人は、それぞれにライブ配信への思いや楽しみ方があることを示し、ライブ配信の可能性を感じさせた。

こんなにガッツリ、ショートヘアにしたのは初めてというAKBの岡部麟さん。
こんなにガッツリ、ショートヘアにしたのは初めてというAKBの岡部麟さん。

 この日、17LIVEは二つの新プロジェクトも発表。一つは、9月18・19日に開催される日本最大級の音楽フェス「スーパーソニック2021」の「17LIVE」での無料配信(配信アーティストは後日発表)。そして、もう一つは10月18日~31日にアプリ内で開催される「17LIVE 4th Anniversary meets 浜崎あゆみ“シンガー発掘オーディション”」だ。オーディションの優勝者には、浜崎さんの数々の名曲を手掛けた中野雄太さんによるオリジナル楽曲の提供や、浜崎さんの楽曲制作チームと「17LIVE」が手配するクリエイティブチームによる豪華サポートが用意されているという。さらに、10月19日にはこのオーディションの開催を記念したライブ配信も予定されている。

今年二十歳になるのでOLさん風にリブランディングしたというAKBの小栗有以さん。
今年二十歳になるのでOLさん風にリブランディングしたというAKBの小栗有以さん。

 スタート当初、歌や楽器演奏のパフォーマンスを配信する場所として人気を広げてきたライブ配信は、いまや何気ない日常の様子ですらライブ配信して、それを見る人たちとオンラインでリアルタイムでコミュニケーションできるツールへと進化している。小野CEOは「もはやライブ配信は限られた人だけのものではない。誰もが過ごす日常をコンテンツに変えて新しいコミュニケーションの機会を広げていく、このようなライブ配信の力は人種を超えて世界中の人々へ新しい価値を生み出すと我々は信じている」と語る。それが、17LIVEの新しいロゴに「1つの空の下、7つの大陸を越えて一緒につながる」という思いを込めた理由なのだろう。

「渋カッコいいクロちゃんも“有り”かと思うので団長に言ってみようと思います」と、まんざらでもないクロちゃん。
「渋カッコいいクロちゃんも“有り”かと思うので団長に言ってみようと思います」と、まんざらでもないクロちゃん。

 「テレビやラジオが大衆文化を育んできたように、17LIVEはライブテクノロジーを通してグローバルな新しいコミュニケーション文化を届けていきたい。ライブテクノロジーを通して、人と人とのつながりを豊かにすること。このミッションを実現するべくグローバルに展開する日本企業としてさらに大きく成長を目指していきたい」
 小野CEOは発表会のあいさつをこの言葉で締めくくった。