カルチャー

学者の愛したコレクション すみだ北斎美術館

img_274553_1

 あまたの日本美術の中でも、世界的に最も有名といっても差し支えない葛飾北斎。国内でももちろんファンは多く、作品の展覧会も多い。10月12日からすみだ北斎美術館で開かれるのは、「学者の愛したコレクション ―ピーター・モースと楢崎宗重―」展。北斎作品の研究者かつコレクター、ピーター・モース氏と、浮世絵研究の第一人者、楢崎宗重氏のコレクションを展示する。

ピーター・モース氏が最も愛したシリーズ作品から「新板浮絵三囲牛御前両社之図(しんぱんうきえみめぐりうしごぜりょうしゃのず)」
ピーター・モース氏が最も愛したシリーズ作品から「新板浮絵三囲牛御前両社之図(しんぱんうきえみめぐりうしごぜりょうしゃのず)」

 ピーター・モースコレクションからは、江戸時代の風俗・流行がうかがえる作品、楢崎宗重コレクションからは、江戸から昭和期にかけて特に人気や評価が高かったとされる絵師・画家の作品を厳選し、約140点を展観する。希少な北斎作品や、高名な絵師・画家たちによる貴重な作品の数々から、両氏が生涯をかけて収集、研究した珠玉の名品に対するこだわりと研究業績を知ることができる。

鮮明な空摺(からずり)が白眉 ピーター・モースコレクションの「冨嶽三十六景 武州玉川」
鮮明な空摺(からずり)が白眉 ピーター・モースコレクションの「冨嶽三十六景 武州玉川」
ピーター・モース氏が単著にまとめたシリーズ作品「百人一首乳母かゑとき」より「猿丸太夫」
ピーター・モース氏が単著にまとめたシリーズ作品「百人一首乳母かゑとき」より「猿丸太夫」

 観覧料は下記の通り

一般 :1.000円

高校生、大学生:700円

65歳以上 :700円

中学生 :300円

障がい者 :300円

小学生以下 :無料

※「楢崎宗重」の崎の字は「立崎」が正式だが、機種依存文字に該当するため通常の「崎」で代用している。