カルチャー

「ご当地公衆電話チャンピオン大会」を開催 激減する公衆電話の役割見直しで京風とまとが画像募集

「ご当地公衆電話チャンピオン大会」を開催 京風とまとが画像募集、激減する公衆電話の役割見直しで 画像1
京風とまと 「ご当地公衆電話」(北海道根室市)

 

 スマートフォン向けゲームやアプリの企画・開発などを手掛ける京風とまと(東京都港区)は、9月11日の「公衆電話の日」に合わせ、全国各地に設置されている公衆電話の画像を募集し、頂点を決める「ご当地公衆電話チャンピオン大会」を開催している。SNSで9月25日まで募集、投票によってチャンピオンを決定する。

 大会は、携帯電話の普及により激減している公衆電話の役割を見直そうと、各地の名産や名物をモチーフにした「ご当地公衆電話」に注目し、設置場所などの情報を発信、認知を高めようと企画したという。

 応募は、ご当地公衆電話の画像と設置場所の住所をインスタグラム「公衆電話マップ(Instagram @publicphone_map)」へメッセンジャーで送るか、応募者のインスタグラムアカウントから「#(ハッシュタグ)公衆電話マップ」を付けて投稿する。優勝した公衆電話の撮影者に賞金6万円を贈る。

 チャンピオン大会は、9月27日からインスタグラムのストーリーズ(投票)機能を利用。「公衆電話マップ」へアクセスし、好きなご当地公衆電話を選択して投票する。

 問い合わせは、京風とまと担当者メールアドレス;yoshiike@kyotoma.co.jp