カルチャー

食卓でしょうゆ搾りができるセット 伝統の香り、味わいが楽しめる

main

 日常的な調味料の一つ、醤油(しょうゆ)。たまには食卓の主役として楽しんでみるのも面白い。創業200年の醤油蔵の醤油を自分で搾りながら味わえる醤油搾りセット(Tokyo味醤・東京)が、応援購入サービス「Makuake」で入手できるようになった。

食卓が醤油蔵に!蔵の醤油を自分で搾る
食卓が醤油蔵に!蔵の醤油を自分で搾る

 使用しているもろみ「醤油の素」は、茨城県常陸太田市に寛政12(1800)年創業の老舗の醤油蔵「ヨネビシ醤油」。水戸藩の御用蔵として代々醤油を醸造していた、伝統ある醤油蔵だ。土蔵造りの仕込み蔵と九尺の杉の木桶は、伝統と風格とともに、長い間に木に染み付いた微生物が複雑な味わいを生み出している。

sub3

搾り終わた後もさらに楽しめます!
搾り終わた後もさらに楽しめます!

 食卓を醤油蔵にする「搾り器」は、美濃焼の陶器に木製の専用蓋。搾りたての鮮やかな色や香りが楽しめる。まずはお刺身がおススメだそうだ。セットには醤油搾り器と蓋、もろみ「醤油の素」1本、搾り用ろ紙15枚、説明書、搾った後のもろみを使ったレシピ本が含まれている。