カルチャー

子どもの想像力を奪っていませんか? 衝撃のCMが絵本に

main

 みんなの心に浮かんだことをそのまま描いてみましょう、と先生に言われ、黄色や青、ピンクと色とりどり、さまざまな絵を描く子どもたちの中に、ひたすら画用紙を真っ黒に塗りつぶす一人の男の子がいる。見ている大人は当然不安になる。この衝撃的なCMが絵本になった。「まっくろ」(高崎卓馬・文、黒井健・絵、講談社、税込み1,760円)だ。

sub1

 アジア太平洋広告祭グランプリ、カンヌ国際広告賞銀賞、クリオ賞銅賞、ニューヨークADC賞銀賞などを受賞した、クリエイティブ・ディレクターの高崎卓馬さんによるCMが原案。子どもが予想もつかない行動を起こしたとき、どう行動し、何と声をかけるか。子どもの可能性、想像力・創造力を奪ってしまうことの多い、大人の“狭い”視野を自覚するための一冊になりそうだ。

sub2