カルチャー

「日本人は疫病とどう闘ってきたのか」 放送大、疫病の歴史を前後編で解説

BSキャンパスex特集「日本人は疫病とどう闘ってきたのか」 放送大、疫病の歴史を前後編で解説 画像1
放送大学 BSキャンパスex特集「日本人は疫病とどう闘ってきたのか」(左から:本郷和人氏、本庄総子氏、近藤成一氏、海原亮氏)

 

 放送大(千葉市)はこのほど、天平のパンデミックや江戸の医療と疫病などの歴史を分析・検証する、BSキャンパスex特集「日本人は疫病とどう闘ってきたのか」を、BS 231chの放送大で10月2日に放送する。視聴無料。

 今回のBSキャンパスex特集は、「東京大学史料編纂(へんさん)所」が編纂する「大日本史料」で文献を探索し、各時代の専門家が疫病の歴史について分析するという内容だ。

 前後編2回シリーズで放送する番組は、前編では「古代:天平のパンデミックの正体」を、後編は「中近世:江戸の医療と疫病」をテーマに、日本人がこれまでどのように疫病と闘ってきたのか、史料を基に歴史上の出来事を検証する。

 前編は東京大学史料編纂所教授の本郷和人氏と、京都府立大文学部講師の本庄総子氏を迎え、10月2日(午後9時)、10月17日(午後3時)、11月20日(午前10時30分)に放送。後編は本郷教授と、住友史料館主席研究員の海原亮氏を迎え、10月9日(午後9時)、10月24日(午後3時)、11月20日(午前11時15分)に放送する。

 再放送の日程は放送大ホームページを参照。