カルチャー

第9回「京都フードマイスター検定」をオンラインで開催 京都府産⾷材の歴史、調理法など幅広い知識を問う

京都府産の野菜イメージ
京都府産の野菜イメージ

 ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。その神髄ともいえる地域と食のつながりを学び、食生活や仕事で活用して次世代へと伝えていく役割を担うのが「京都フードマイスター」。「京都フードマイスター協会」 (京都市)による認定資格で、年1回検定試験を実施する。9回目となる今年は、11月1日(月)から11月30日(火)にオンラインで開催される。

 京都府は、内陸側にある京都・山城・南丹地域と、日本海に面している中丹地域・丹後地域があり、それぞれの産地に適した食材を栽培育成し、長い年月をかけて独自の食文化を育んできた。その京都府産の食材の歴史・栽培方法・調理法などの知識を網羅的に学べる検定試験。京都府産の野菜類・魚介類・果実類や、茶や酒などの加工品について、生産地・旬の時期・特徴などを50題出題。100点満点のうち70点以上取得すれば、「京都フードマイター」として認定される。

オンライン試験では学習制御機能によりジャンルごとに出題される
オンライン試験では学習制御機能によりジャンルごとに出題される

 今までの択一問題に加え、並び替え問題、画像問題をランダムに組み合わせ、さまざまな角度から受験者の知識を問う。学習制御機能によりジャンルごとの受検も可能。例えば「野菜類」→「魚介類」→「果実類、きのこ類、肉類」と1つの科目をクリアしたら次の科目へ進むので、科目ごとに学習しながら知識を高め、マイペースで受けられる。

sub3

 申し込みは京都フードマイスター協会のホームページから。誰でも受検でき、受験料は税込み4,070円。出題の基となる公式テキスト「知っておきたい~京都の食材と加工品」(税込み2,376円)は、ホームページ上で販売している(送料無料)。認定書は合格者へ年内に発送される。