カルチャー

プロモスジャパン「ソーシャルメディアウォール」導入キャンペーン SNS情報を集約し年末商戦や海外PRにも活用

プロモスジャパン「ソーシャルメディアウォール」導入キャンペーン SNS情報を集約、年末商戦と海外PRに活用 画像1
プロモスジャパン 「ソーシャルメディアウォール」

 WEB制作・相手先ブランドによる生産(OEM)サービスのプロモスジャパン(沖縄県宜野湾市)は、SNSで発信した投稿をWEBページに集約し表示させるシステム「ソーシャルメディアウォール」(SNSウォール)を、お試し価格で利用できる「スタートアップキャンペーン」を開始した。価格は1万1000円。11月30日まで。

 「ソーシャルメディアウォール」は、企業や個人が発信する各SNSのフィードを連動させ、1枚のWEBページに自動的に表示させるWEB(ワードプレス)のプラグインシステム。

 期間限定の「スタートアップキャンペーン」では、ページ作成費は無料で、SNSウォール(プラグイン)の年間使用料(1万1000円)のみで提供する。通常価格は、ページ作成費5万5000円(初回)と、SNSウォールのプラグイン設置・使用料1万1000円(年)の合計6万6000円。

 プロモスジャパンよると、例えばSNSを活用し新商品の発売や観光地のPRなどを発信している場合、投稿を集約したページを自由に作成できるので、独自性の高いオウンドメディアなどが作成でき、年末商戦での売り上げアップや海外PRでの訴求力向上が見込まれるとしている。

 また同社は、「長年、写真に関する社会活動を行っており、SNS『写真講座』やSNS運営サポートなどは無償で行っています」と、している。