おでかけ

三陸鉄道でスイーツ列車運行開始 駅長はかわいいヤギのイボンヌ

ヤギミルクのスイーツばかりを取り揃えたビュッフェは日本初!
ヤギミルクのスイーツばかりを取り揃えたビュッフェは日本初!

 イボンヌ、という駅長の名前もかわいいし、この駅長さんを描いた真っ赤な列車のラッピングもなんとも素朴で心温まる。この列車はスイーツビュッフェが楽しめる「スイーツ列車」(しあわせ乳業・岩手県宮古市)。三陸鉄道の宮古駅出発だ。

ヤギミルクを使ったスイーツ食べ放題のしあわせ列車
ヤギミルクを使ったスイーツ食べ放題のしあわせ列車

 東日本大震災から10年。津波対策やインフラ整備などが進んだものの、人口は減少傾向で宮古市を訪れる観光客もまだ少数。だが豊富な海の幸は言うに及ばず、本州最東端の立地、珍しい高山植物に、このイボンヌ駅長が住んでいる「しあわせ牧場」など、魅力は尽きない。そこで、ヤギミルクを使ったスイーツにこだわる地元の洋菓子店と協力して、スイーツ列車を走らせることになった。車窓からの雄大な眺めで目の保養をしつつ、2時間スイーツ食べ放題の旅。イボンヌ駅長のグッズプレゼントもある。

地元で愛されている洋菓子店 パティスリー レ・ド・シェーブル(所在地:岩手県宮古市)は、「しあわせ牧場」の新鮮なヤギミルクを使ったスイーツにこだわっている。
地元で愛されている洋菓子店 パティスリー レ・ド・シェーブル(所在地:岩手県宮古市)は、「しあわせ牧場」の新鮮なヤギミルクを使ったスイーツにこだわっている。

 年内の運行日は10月21日(木)、11月21日(日)、12月24日(金)の3日間。乗車料金は税込み4,800円。

ヤギ駅長「イボンヌ」
ヤギ駅長「イボンヌ」