カルチャー

「第11回 ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会」 国内トップ選手が綱の上で競い合う

「第11回 ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会」 国内トップ選手による大会 画像1
「第11回 ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会」

 

 スラックラインの国内トップ選手が競い合う「第11回 ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会」(同実行委員会主催)が10月23日(土)、24日(日)に東京・世田谷区の二子玉川ライズ中央広場で開かれる。

 幅5センチの綱の上でアクロバティックな演技を行うスラックラインは、2009年に日本に上陸したライフスタイルスポーツ。

 このトリック部門を競う「第11回 ギボン 日本オープンスラックライン選手権大会」は、日本最高峰で完全招待選手制の大会だとしている。

 例年、国内外の注目選手やトップクラスの選手が招待されているが、今大会は感染症対策規制のため、国内トップ選手のみでの開催となる。

 実行委によると、日本全国で活躍する選手が一堂に会する大会は、ハイレベルでエキサイティングな戦いが繰り広げられる、としている。

 開催時間は10月23日が正午から、24日は午前10時から。