社会

“私たちの地球のために投票しよう。” パタゴニアの「VOTE OUR PLANET」キャンペーン

「VOTE OUR PLANET 私たちの地球のために投票しよう。」キャンペーン
「VOTE OUR PLANET 私たちの地球のために投票しよう。」キャンペーン

 今週末に実施される第49回衆議院議員選挙。日本では毎回、投票率の低さが話題となるが、投開票日である10月31日(日)の予定は? 当日はどうしても仕事・用事などで投票所に寄る時間がないという人は、10月30日(土)までは期日前投票が可能だから、時間を作って投票に行こう! 「私の一票では何も変わらない…」と思っている人もいるかもしれないが、その一票一票の積み重ねが大きな声となる。

main

 アウトドア用品大手のパタゴニア日本支社(パタゴニア・インターナショナル・インク日本支社、横浜市)は、投票を呼びかけるキャンペーン「VOTE OUR PLANET 私たちの地球のために投票しよう」を実施している。取引先企業110社以上からも賛同を集め、生活・経済・社会の基盤である“地球”のために投票することの重要性を訴えている。 キャンペーンサイトで主張しているのは、“生きるために投票する。私たちが本当に必要とするこれからの政府をつくる。”。早くから環境問題に企業として取り組んでいるパタゴニアは、「自然に根差した解決策をもって、社会構造を大胆かつ公正に変化させようとするリーダーが必要」と表明。「私たちが何もしなければ、政治はこれまでのままです。私たちそれぞれにとって大切な何かとともに生きるために、投票しましょう。」と呼びかけている。

 10月31日(日)は投開票日。権利としてのあなたの一票を行使しよう。