カルチャー

秋を楽しめる科学絵本「おちばのほん」 落ち葉拾いに行きたくなるかも

sub4

 常緑樹の合間に色づいた葉が混じり、季節の歯車が回っているのが視覚的に分かる今。落ちた葉が土になるまでの物語を美しいイラストで紹介する科学絵本『おちばのほん』(いわさ ゆうこ著、文一総合出版・東京、税別1,800円)が10月29日発売された。

 季節をおって近所の公園から野山まで、120種以上の落ち葉が登場。木や草の名前、落ち葉の形や色について、楽しく知ることができる。「なぜ木から葉は落ちるのか?」「どうして赤や黄色に紅葉・黄葉するのか?」や、落ち葉を使った遊びや落ち葉の分解者、腐葉土の作り方まで紹介している。

落ち葉に関する疑問をやさしく解説
落ち葉に関する疑問をやさしく解説

 巻末には、この本に登場する120種以上の落ち葉について、どんな場所に生えるか、花や実、葉の特徴、名前の由来などの解説もあり、拾った落ち葉の名前を調べるのに使えそうだ。落ち葉のお面や落ち葉プール、拾った葉っぱで作るアート作品などの遊びも紹介している。