カルチャー

空き家になった古民家をサウナ村に再生したい! 福岡県大刀洗町でクラウドファンディングが始動

main

 総務省統計局によると、平成30年の時点で日本の空き家率は13.6%。手入れをされていない家屋は景観を損ねるだけでなく、火災や倒壊などの危険性もあり、深刻な問題となっている。そんな中、福岡県大刀洗町から古民家をみんなで使える場所にしようという試みが起きた。大刀洗町地域おこし協力隊によるクラウドファンディング「空き家になった古民家をサウナができる『サウナ村(仮)』として再生したい!」in福岡だ。

 現在サウナ村予定地になっているのは、約500坪の敷地を持つ空き家。福岡市内まで電車で約1時間と好立地にもかかわらず草木が生い茂ってしまった敷地を「町のために活用してほしい」という所有者の声を受け、活用の道を構想。サウナが楽しめるだけでなく、敷地内に畑を開墾し、つきたてのお餅と取れたての野菜をバーベキューで楽しめる最高の「サ活(サウナ活動)」が楽しめるスペースにする試みだ。支援は12月25日まで募っている。