カルチャー

3,300万円のお節はいかが? テーマは「楽しく過ごすお正月」

main

 K24、いわゆる純金1500g、大きさにして約縦19.5×横19.5×高さ5.0cmの金のお重に、東京吉兆のお料理が詰まっている。お正月にこんなお節を食べてしまったら、元日に一年分、いや数年分の運を使ってしまいそうだが、そんな機会はなかなかやってきそうにないから、とりあえず見にいこう。約1,000点の金製品が一堂に会する金の祭典「大黄金展」が、日本橋三越本店(三越伊勢丹ホールディングス)で11月23日から開催される。テーマは「楽しく過ごすお正月」だ。

sub1

 名料亭の味と黄金の輝きが織りなす贅(ぜい)を尽くしたお祝い膳を特別企画(純金のお重は3,300万、料理は16万2千円、別売り不可、一点限り)。2022年の干支にちなみ、会場には、全長約2メートルの黄金にきらめく巨大な「虎」のオブジェもお目見えする。ほかにも、お正月を彩るお飾り、干支の縁起ものや小さめの小判、お守りとして持ち歩くことができるものなど、身近に楽しめる金製品も多数そろう。