カルチャー

早稲田大アメフト部のユニフォームに企業ロゴ メルセデス・ベンツ日本と住ゴム産業 

メルセデス・ベンツ日本と住ゴム産業に決定 早稲田大アメフト部、ユニフォームに企業ロゴ 画像1
早稲田大学競技スポーツセンター 同大学米式蹴球部・永山 開一 主将

 

 早稲田大競技スポーツセンター(東京都新宿区)はこのほど、同大米式蹴球部(アメリカンフットボール、愛称BIG BEARS)のユニフォームに表示するスポンサー企業のロゴが、メルセデス・ベンツ日本(東京都品川区)と住ゴム産業(大阪市)の2社に決まった、と発表した。

 2021~2022年度の関東学生アメリカンフットボール連盟主催の公式戦で着用する。ユニフォームに企業ロゴを表示するのは同連盟のチームでは初めてだという。

 ロゴは、ユニフォーム左胸にメルセデス・ベンツ、右袖に住ゴム産業を表示する。BIG BEARSの永山開一主将は「かっこいい。ユニフォームにスポンサーロゴが入るとモチベーションがあがる。コロナ禍で部員勧誘もままならない中、注目を集める一つの要素にもなる」とコメントした。